塗膜剥離

Peeling off

塗膜剥離とは劣化した既存の塗膜をめくる作業です。躯体の保護、新しい塗装の耐久性の向上、滑らかな塗装を可能にします。

作業工程

塗膜剥離を行う前に養生をします。特に剥離剤は強力なので、ガラスサッシや防水、手摺、コンクリートなど、すべてのものを犯してしまう可能性があるので、しっかりと露出している部分を隠す必要があります。

剥離剤塗布には専用のローラーや刷毛を使用します。剥離剤は少しでも塗りがあまいと、塗膜をめくる事ができません。なので、適切な量を塗布していきます。まんべんなくムラなく塗布したら、少し時間を置き塗膜が浮いてくるのを待ちます。

塗膜が浮いてきたらスクレーパーを使い塗膜をめくっていきます。躯体が見えるまでめくります。躯体には傷がつかないよう適度な力加減でめくっていきます。

塗膜をめくり終えたら、養生の撤去、清掃です。めくった塗膜をきれいに掃除していきます。

最後に、高圧洗浄でボソボソに残った塗膜や剥離剤を綺麗に洗い流して完了です。

メールフォーム又はお電話にて
お問い合わせを受け付けております。
お気軽にご相談下さい。
年中無休 10:00-20:30