木部洗浄

Wood-cleaning

木部は時とともに黒ずみ、汚れてしまいます。黒ずんだ木部を特殊な薬品で洗浄することにより、「木」本来の輝きを取り戻します。

作業工程

水による漏電や、薬品による変色を防ぐ為、ビニール養生をします。

はじめに最も頑固な汚れを取り除く作業です。噴霧器や刷毛で専用の薬品を全体に塗布し、しばらく放置します。汚れが浮き出てきたら、薬品が残らないようにしっかりと水で洗い流します。

あく洗いをした後、あく洗いでは落ちない「シミ」を除去します。シミ抜き専用の薬品を塗布していきます。シミ抜きは薬品によって化学反応を起こさせてシミを消す作業の為、柔らかい刷毛で薬品を染み込ませるように塗布していきます。

「あく洗い」「シミ抜き」後、汚れは除去されましたが、紫外線による「日焼け」が残っている為、漂白薬品を刷毛で全体に塗布し、漂白していきます。また、この薬品はシミ抜きで使用した薬品を中和する働きがあります。

仕上げの前に、しっかりと見直し、汚れが残っている箇所の手直しや、木が毛羽立っている箇所を研磨しながら修正していきます。

洗浄終了後、保護塗料を全体に塗布していきます。木部はキレイになっていますが、このままの状態ですと木肌が直接外気に接している為、長持ちしません。保護塗料を塗布することにより、より長く、美しい木部を保たせることができます。

最後に、養生撤去、清掃をして完了です。

メールフォーム又はお電話にて
お問い合わせを受け付けております。
お気軽にご相談下さい。
年中無休 10:00-20:30